ハマの変なおじさんのブログ

前の東京オリンピックの時に既に生まれていたおじさんです

やっとたどりついた惜敗率の記事

比例東京ブロックで管氏が最後に当確だったのは

惜敗率のからみだろうとはわかったけど、

実際に誰と競っていたのかを知りたかったが

調べるのに随分と時間がかかってしまった。

で、あろうことかと言うかやはりと言うか

相手は海江田氏だった。

しかもたったの約1.3%の差だったそうだ。

こういう事はもっと大々的に伝わってしかるべきだと思うけど。

結果として海江田氏は代表を辞任してるんだし。