ハマの変なおじさんのブログ

前の東京オリンピックの時に既に生まれていたおじさんです

島倉千代子さん

島倉さんの歌は一つの声で一字一句歌う美しい歌たと思う。

そして愛されてこその歌手であり歌であるという想いが徹底してたと思う。

それに物まねされても一切ぶれなかったし、真似した人に優しかった。

 

今まで一度も思わせてもらえなかったけれど、偉大な方だったのではないか。

 

山田邦子さんのおっしゃる通り。とても悲しいと思うだけです。

広告を非表示にする